リユース情報機器使用によるCO2排出量削減効果算定について

一般社団法人IoT対応3R協会

トップページ >リユース情報機器使用によるCO2排出量削減効果算定について
SDGsに貢献、ESG等に対応をめざし当協会が行うリユース情報機器使用時のCO2排出量削減効果の算定について

SDGs(持続可能な開発目標)に貢献、またESGに対応する リユース情報機器使用による 二酸化炭素(CO2)排出量削減の効果算定について

最近では、我が国も参加した平成27年9月の国連サミットで採択された「SDGs」(持続可能な開発目標)(エスディージーズ)への取組みが全世界的な話題となっています。我が国では、SDGsへの取り組みは、国だけでなく、多くの地方自治体や企業等でも拡大しています。

SDGsでは、「2030アジェンダ」として、2030年までの実現を前提に17項目の大きな目標(ゴール)を定めていますが、我が国では、国がこのゴールを我が国の文脈に即して再構成した8つの優先分野を定めており、その優先分野の5番目には「省・再生エネルギー、気候変動対策、循環型社会」の記載があります。

SDGsでは17項目の大きな目標があり、我が国では8つの優先分野があることを考えると、個々の地方自治体や企業等が全ての目標や優先分野に対応することは困難ですが、極力幅広い目標や優先分野に対応することが望まれると考えられます。ただし、SDGsに貢献する効果の実績を把握するためには、第三者でも理解できる効果の「見える化(数値化)」が一層必要になると考えます。

また、最近では、企業の価値を評価する尺度として、「ESG」(イーエスジー)が着目されています。ESGは、環境・社会・ガバナンス(企業統治)の頭文字をとったものです。従来から企業価値では、業績や財務の情報が主となっていましたが、企業の永続的な成長のためには、ESGが示す非財務情報も企業価値の観点に取り組むべきという考え方が世界中に拡大しています。ESGの基本の考え方は、SDGsでありますが、ESGのE(環境)では、CO2排出削減に対する取組みや自然エネルギーの活用が重要となっています。

一方、我が国では、平成13年に「資源有効利用促進法」が施行されたこと等で3R(リデュース・リユース・リサイクル)への各方面での取組みが進み、循環型社会への対応も前進していますが、特に情報機器では3Rへの取り組みが進んでおり、今日ではリユースを行うことによる温室効果防止を示すCO2排出量削減の効果を算定するための基礎データが収集可能となっていることから、当協会は、「SDGsに貢献、またESGに対応を目的としたリユース情報機器使用によるCO2排出量削減の効果算定制度」を行っております。SDGs及びESGへの対応を考慮した本制度は、我が国初の取組みであります。

今回実施する制度の概要

この制度では、

  1. SDGsへの貢献やESGへの対応に取り組んでいる地方自治体や企業等においては、CO2排出量削減についての実施項目や内容の追加拡大ができます。また、SDGsやESGに現在関心を持っている地方自治体や企業等では、SDGsやESGへの取組みへの先鞭等に使用できます。
  2. 当協会は、この制度に参画されるリユース取扱い事業者に対して、「SDGs貢献リユース取扱い事業者」(情報機器分野)、また、自社設備等の使用済み情報機器を集めて当制度参画リユース取扱い事業者に売却を行った地方自治体や企業等に対して、「SDGs貢献リユース実施事業者」(情報機器分野)の認定を行います。
  3. 当協会は、上記の「SDGs貢献リユース取扱い事業者」(情報機器分野)と「SDGs貢献リユース実施事業者」(情報機器分野)に対して、CO2排出量削減効果算定の結果を記載した「リユース実施によるSDGs貢献CO2削減効果実績報告書」(情報機器分野)の提供を行います。

今回実施のCO2排出量削減の効果算定実施対象機器

当協会では、SDGsへの貢献、さらにはESGへの対応をめざし、今回、我が国で普及している以下の8種の情報機器を対象に、使用済み後にリユース(再利用)することで効果となるCO2排出量削減の効果(単位:kg-CO2)の算定と告知を開始致します。
  1. ノート型パソコン
  2. 卓上型パソコン
  3. ワークステーション
  4. サーバー(PCサーバー・従来型サーバー)※
  5. 液晶ディスプレイ装置
  6. ビジネス用複合機
  7. ビジネス用ページプリンタ
  8. ビジネス用コピー機

  ※今回はラックマウント型、ブレード型等のサーバーを除く

なお、この算定では、リユース取扱い事業者が地方自治体や企業等から買取りをした情報機器を自社リユース取扱い事業所(作業場)まで輸送する平均移動距離、リユース(再利用)のために行う事業所で行うデータ消去作業平均時間や機器に搭載するソフトウェアの再インストール平均時間等も考慮しています。

今回実施対象機器のリユース実施によるCO2排出量削減の効果例

例えば、100台の使用済みのノート型パソコン(1台当たり重量3kg)を、リユース化作業を行う事業所から100kmの距離にある企業や地方自治体等の使用済み情報機器設置場にトラックで引取りに行き、引取り後にノート型パソコンに対して1台当たり2時間データ消去作業を行い、その後、1台当たり機器に搭載するソフトウェアの再インストール作業を1時間行うとした場合では、資源採掘から製品製造までに発生するCO2排出量を1台当たり約79kg-CO2の削減、100台では合計約7.9ton(7,900kg)-CO2の削減に貢献することができます。

 

お問い合わせは、下記事務局までご連絡お願いいたします。

一般社団法人IoT対応3R協会

〒105-0011 東京都港区芝公園3-6-23光輪会館6F

TEL:03-6435-9891 FAX:03-6435-9892

ページのトップへ戻る