IoT3R.A|SDGsについて

一般社団法人IoT対応3R協会

トップページ > SDGsについて

SDGs(持続可能な開発目標)について

「SDGs」とは、2015年9月に我が国も参加した国連サミットで採択された「持続可能な開発目標」(Sustainable Development Goals)という言葉の略語です。SDGsでは、「2030アジェンダ」として、2030年までの実現を前提に、以下の17項目の大きな目標とそれら達成するための169のターゲットを定めています。

日本では、SDGsについては、2016年5月に、内閣が持続可能な開発目標(SDGs)推進本部(本部長:内閣総理大臣、構成員:全ての閣僚)を立ち上げ、また、国家戦略として、SDGs推進本部が2016年12月に、SDGs実施指針を決定しています。

この指針では、「持続可能で強靭、そして誰一人取り残されない、経済、社会、環境の統合的向上が実現された未来への先駆者を目指す」というビジョンを掲げ、SDGsの17のゴールを日本の文脈に即して再構成した8つの優先分野を定めています。

SDGs実施指針における8つの優先分野の5番目には、「省・再生エネルギー、気候変動対策、循環型社会」の記載があり、「 サーキュラーエコノミー」とも繋がっています。

SDGsへの対応は、自治体や先進的な企業にとっては極めて重要なテーマとなっています。

 

 

 

 

 

 

 

関連用語

ページのトップへ戻る